一般財団法人 健康科学財団

古くより「海水浴に行くと、風邪をひきにくくなる」や「海に入ると皮膚病が治る」との言い伝えがあり、海浜を保養地として病気療養や健康増進に用いてきたのは、先人達の知恵でした。

そして、その活動が多くの人々の賛同と支援を受けて、健康科学財団が生まれました。

私たちは海を健康資源として活用するための研究及び実施を通して、21世紀の科学が海にも人にも優しい科学となるようなさまざまな活動に取り組んでいます。

財団について

新着情報

2017.4.18
もとぶ元気村を運営する一般財団法人 健康科学財団のホームページを公開しました。
2017.5.8
期間限定!!「DAT(ドルフィンアシステッドセラピー)モニタープラン」を実施中

アクセスマップ